手の平の皮を剥いてしまう、ちょっと怖い癖!鉄棒が好きな私だからこその癖…

私は何かと子どもの頃からあまり身体に良くない癖や習慣があったりしますが、20代の大人になった今ではできるだけ身体や美容に害がある癖はやめるように努力しているつもりです。

今はもう卒業している身体に悪い癖が一つありますが、それは「手の平の皮を剥く癖」ですね。

聞いただけで怖いかもしれませんが、特に自傷行為とは自分では思っていませんでした。ストレスとは関係なかったものだと思いますし、ただ単に皮が剥ける感覚が楽しかったのだと思います。

体操を5歳から習っていた私は、小学校時代には体操にかなり力を入れており、色々な技をマスターして行くのが楽しくてしょうがない時期でした。一番得意な分野が鉄棒でしたが、鉄棒の唯一の欠点は手に豆がよくできてしまったことですね。どうしても長時間練習していると手の皮に負担がかかってしまったり、ときには手の皮がズレてしまったりするなんていう不気味なこともありました。

多分小学校一年生のときに初めてかなり大きな豆ができてしまい、血も出ましたし、かなり何日間も絆創膏をして保護していました。ちょうど治る直前ぐらいの状態が一番気になる状態でしたね。できてしまったばかりのときには痛くて怖くて触る気にもなりませんでしたが、もう少しで治るという状態のときになると、かすかに剥ける皮の出っ張りが小さく残っていて、剥いてみたくなるものでした。こっそりゆっくり剥いたのですが、その小さな出っ張っている部分だけ綺麗に剥け、何も傷は残りませんでした。なんだかそれが快感だったのでしょうね。

それから、豆ができることはなくても、手の平の上の方、つまり鉄棒による豆ができやすいところを指の爪で軽く引っかいたりして皮を剥く癖がしばらくありましたね。本当にろくでもない癖です。それを親にも指摘されたりしましたが誰にも見られていないときにこっそり剥いていたりしました。

子どもにしてはかなり笑える対策を自分で行ったのです。工作に使うための糊があったのですが、その糊は完全に乾く前、つまり半乾きのときにはまるで人の肌のように柔らかい、少し薄い粘土のような感触になるものでした。その糊を手の平に薄く塗って、半乾きになった状態のときに剥くように剥がしていたのです。まるで自分の皮を剥がしているような感覚になれて楽しかったです。それをやれば良いと思い、本物の皮を剥くのをやめることができました。やがて糊を剥くことも飽きましたね。

今となってはかなり笑える癖ですが、この癖は卒業できて本当に良かったです。

指しゃぶりは赤ちゃんがやることと分かってから指しゃぶりをしなければ寝れない癖が治った。

娘は赤ちゃんの頃、歯が生え始めたころは噛み癖がひどく私や主人の手に思いっきりかみついたり目につくもの全てにかみつき私と主人は生傷が絶えませんでしたが歯が生えそろってからは噛み癖はなくなりましたが寝る前、眠くなった時の左手の親指の指しゃぶりがずっとやめられず気が付くと左手の親指をしゃぶっている状態になってしまい左手の親指の爪だけはとても薄くペラペラで弱い爪になってしまいました。

主人も私もまさか幼稚園の年長まで指しゃぶりがやめられないとは思わず

娘が通っていた幼稚園は秋になると先生と園児だけで一泊の泊まり旅行に行くので何とかしてそれまでには指しゃぶりをやめさせなければと娘にも伝えると納得していましたが眠くなると口に親指を持って行く癖はなかなか治りませんでした。

夏休み前からは本格的に指しゃぶりをやめさせるために眠くなってきて指を口に持って行くたびに押さえつけたり口から指を抜いたりしていましたが眠いので機嫌も悪くなかなか指しゃぶりをやめさせることはできませんでした。

どうしてもやめられない癖なら仕方がないのかも、と思うくらい眠くなると指をしゃぶってしまう癖が治らない娘でしたが夏休み中に私の不注意でソファーに寝っ転がっていた娘に起こしてと頼まれ手を引っ張った時に娘が急に大声で泣きだし聞いてみると手が動かないと言われみ腕が脱臼していました。

夕方だったので急いで受診できる病院を探しタクシーに乗ると娘は泣きすぎて眠くなってしまい左手が脱臼していたので腕が動かず指をしゃぶりたくても手が動かず指が口まで届かないのでその時に初めて指しゃぶりをせずにタクシーで数分間ですが眠ることができました。

脱臼はすぐに治り自宅に帰ってから娘に指しゃぶりせずに眠れたことを伝えるととてもびっくりしていましたが娘も指しゃぶりをしなくても眠れることが分かったようです。

娘が年長の当時、私は二人目の子供を妊娠しており秋に出産予定だったので夏休みにはお腹が大きくなっており娘と一緒に赤ちゃんが出ているテレビを良く見ていましたが指しゃぶりをしている赤ちゃんが番組やCMではとても多く私の大きくなったお腹を見て自分の指しゃぶりは赤ちゃんと一緒だと急に思ったようで指しゃぶりはしないと急に言い出しました。

癖であるのですぐに治すことはできないので主人と話し合いしゃぶってしまう親指に絆創膏と包帯を巻いて上からテープを張り指をしゃぶれない状態にして寝かせてみました。

最初の数日は指がしゃぶれずぐずることもありましたが4日目くらいから指をしゃぶろうともしなくなり一週間ほどたつと眠くなっても口に指を持って行くこともなくなりお泊り会までに指しゃぶりを終えることができました。

偶然、脱臼したことで指をしゃぶらなくても眠れることが分かった娘でしたがあんなに治らなかった指しゃぶりも一週間でやめることができ脱臼には驚きましたが娘と私たちにとって指しゃぶりをやめるきっかけになりネットでたまたま見つけた爪の噛み癖を治す方法として紹介されていた絆創膏と包帯で完ぺきに指しゃぶりを卒業することができました。

鼻の下を鼻にくっつけて匂いを嗅ぐ癖、変顔にも自覚せず過ごした小学校時代

もう20代になって成人している私は、子どもの頃から色々と変わった癖がありました。行動パターンや動作など、結構たくさんありましたね。その中の一つで今でも思い出しては笑ってしまうものが一つあります。

それは、鼻の下の部分、つまり唇の上の部分でもありますが、その部分を自ら突き出し、ちょっとアヒル口に近い感じで鼻の穴の部分にその肌の部分がくっつくように変顔をし、匂いを嗅ぐ、と言った癖です。

恐らく見ている側からしたらただの変顔をしているだけに見えていたのだと思います。実際に子どもがよく写真を撮るときにやる変顔でもあります。口を尖がらせている表情にしか見えていなかったかもしれません。しかし私の場合は「目的」があったのです。鼻の下の部分の匂いを嗅ぐことでした。なぜかというと、チャーハンの匂いがする、と自分で思っていたからです。

頭がおかしいと思われるかもしれませんが、本当にそう思っていました。匂いに敏感な私は、自分の鼻の下の匂いがよく行く中華屋さんのチャーハンに匂いが似ていると思っていたので、つい癖で匂いを嗅いでしまっていたのです。後で思ったのですが、恐らく小さい頃から脂の分泌が盛んでオイリーがちだった肌の私の肌の脂がチャーハンの油の匂いに似ていたのでしょうね。そう考えると少し気持ち悪いですが。

友達の家に遊びに行ったときにもよく「ねえねえ、鼻の下の匂い嗅いでみて、チャーハンの匂いしない?」と言いまくっていた時期がありましたが、皆「しない」と言っていましたね。皆私ほど顔の肌が脂っぽくなかったのかもしれません。

この癖を治す対策ですが、たまたまある日怖い先生が授業中に、めったに無駄なお喋りをしない私を見つけて「こら、アヒル口、今学期はずっとそう呼ばれたいか?」と皆の前で大きな声で叫んだことがありました。授業の一番最初の日だったので目立ちましたし恥ずかしさと苛立ちが半端なかったですね。そのショックでいきなり自然とその癖は消えていったのです。それでもときどき家の中にいるときだけやっていたりはしましたけどね。

ちなみに脂っぽい肌をどうにかしようと思ってニキビ用の洗顔フォームでしっかり顔を洗っても、洗った直後はともかく、数時間経つといつもチャーハンの匂いに戻っていました。思春期のときには好きな男子ができたりしたのでますますそういうことに頭は行かなくなりましたね。大人になった今でも続いている癖ではなくて本当に良かったです。

しかも顔がすぐ赤くなる赤ら顔という症状にも悩んでおり大変でした。 赤ら顔とは

赤ら顔の治し方についてはこちらです⇒ 赤ら顔(酒さ)治療研究所:原因や予防・治す方法の総合ガイド

できない事があるとイライラして自分の足に傷をつける。短気な性格が治ったのは、、、

小学生の低学年の頃まで、出来ないことがあるとすぐにイライラして大きな声を出して物を投げたりする物にあたったりと、少し短気な子どもでした。

宿題でも分からない問題などがあると、イライラしては大声を出して母を困らせていました。そのうちイライラすると発散するのではなく、自分の足をギュッとつねって傷つける行為をするようになりました。

とにかく自傷行為をやめさそうと「イライラしたら、3秒数えて深呼吸」とか「壁にイライラしない」と書いたりしましたが、少しましにはなってきたものの時々軽い自傷行為をしていたそうです。イライラがつのり、足をつねって青あざになることもありました。しかし、年齢とともにその行為も無くなってはきていたようです。

小学校の3年の時に空手を習い始めてから、少しずついい方向に向いてきました。私の場合は空手で大きな声をだして体を動かして発散させることで自傷行為も少なくなりました。空手などの礼儀や努力する精神を養えたのがプラスに働いたのだと思います。しかし、あくまでも私の例は特殊な例だと思います。たまたま習いに行った道場の師範がすごく人格者だったことも一つの要因です。師範からいろいろなことを学ぶことができたのも良かったです。

空手を1年も続けると型も覚えてできるようになってきます。全く出来なかったことが徐々に練習を積み重ねることでできるようになることを体験できたのも、すごく良かったです。冷静にひとつひとつのことを繰り返し行えることができるようになっていました。イライラすることも少なくなってきていました。

白帯に少しずつ色がつくころには、少し自分にも自信がもてるようになり自然と笑顔も増えたように思います。すごく偶然の出会いではありましたが、自分の性格に空手がすごくあっていたのだと思います。空手に出会えていなかったら、イライラして自傷行為をしてしまうことも無くならなかったと思います。これは、私個人のすごく特別な体験なので、これを読んでいる方の参考には、このままではならないと思います。しかし、一つ言えるのは空手をはじめる一歩をふみだせたことがすごく自分の人生に大きな一歩だったなということです。なんでもチャレンジすることの精神は今も大切にしています。

いきなり顔や体をかきむしる癖がなかなか治らなくて困ったこと

私は幼い頃から顔や体をかきむしる癖があり、なかなか治そうにもいつの間にか手が動いていることが多く周囲から変な目で見られることがありました。

意外と肌をかきむしる音は自分では聞こえていないように感じますが、他人には聞こえているようで注意されてやっと気が付くことも多かったです。肌がかゆくなる原因は生活環境やストレスによるものですが、知っててもなかなか治せないためそのまま他人に嫌がられることも多く悩みました。

このため、皮膚科に行って診察を受けるとかかないようにすることを言われますが、癖になってしまうと改善することが難しいものです。対策として手袋のようなものを付けるようにアドバイスされてしましたが、やはり寝ている間に無意識のうちに外していることもありました。やはり、人間関係が悪化すると不安になりやすくストレスがたまり、また肌をかきむしるという悪循環になり困ったものです。

このように、皮膚が急にかゆくなると落ち着かなくなるもので、周囲にもそわそわしていると思われてしまうものです。いきなり顔や体をかきむしる癖は治そうとしても治りにくいもので、いつの間にか嫌われる要因になるため苦労しました。改善する方法は自分自身で意識して治すように努めるしかなく、周囲に指摘される前に対策を講じないと手遅れになることを実感したものです。
顔や体は様々なことが要因でかゆくなりやすく、皮膚科で診察を受けると生活習慣やストレスが原因だといわれたものです。ほかにもハウスダストなどもあり乾燥しやすい時期に起きるもので、きちんと保湿をしないと起きやすくなることをアドバイスされました。顔や体は表面に汚れがついていると爪が黒くなるため嫌がられる原因になり、風呂に入ることをおろそかにしないようにすることを心がけたものです。

このように、私は幼い頃から顔や体をかきむしる癖がありましたが、治そうとしても無意識のうちにしてしまうことが多いものです。人間は音に敏感になる傾向がありかきむしると不快になりやすく、最初の頃は注意されて戸惑いました。改善をする方法はかゆみ止めを飲むことや癖を直すように言い聞かせ、継続できるように意識をするように考えると我慢ができるきっかけになって良かったです。