すぐに酔う。車必須地域なのに乗りたくない…

子供の頃、見たくないほど車が苦手でした。

とにかくすぐに酔う。閉じ込められた空間、車独特の匂い、シートベルトで体を締め付けられる感じ、動き出すと同時に感じる気持ち悪さといったことから、気分良く目的地まで乗れた試しがありませんでした。

バスも苦手でしたが、乗用車は問答無用で駄目でした。
それなのに実家は超田舎。どこへ行くにも何をするにも、車は必須なんです。車の免許を取るのは決定事項で、親がお年玉を教習所での免許取得の費用に決める程でした。

すぐに酔うこの体質を何とかしようと、両親は色々情報をあつめてくれました。当時はインターネットなどない時代だったので大変だったと思います。

酔い止め、遠くを見る、空腹満腹時を避けるなど試してみるものの、効果はなく両親にはかなりの迷惑をかけてしまいました。

周囲の人からは成長すると、症状は緩和するだろうと
励まされましたが、高校を卒業してもこの体質はなおりませんでした。

転機が訪れたのは、大学生になったころです。
当時初めて付き合った先輩が、大の車好きでいつも自慢の車で移動していました。当然デートは車で移動することになります。

私は自分の体質のことを言い出せず、フラフラになりながら、修行のような気分でデートをしていました。

ある日、知らない場所に行くことになったのですが、
完全に迷子になったことがありました。それは友人の結婚式で、決して遅れる事が出来ない状況でした。カーナビもない時代なので、必死に地図とにらめっこです。

思っていた場所じゃない、この道に行けば抜けられる?
など時間と精神的に追い詰められた状態ですったもんだを繰り広げ、なんとか時間に間に合いました。

今思い出すだけでも大変だったのですが、この経験が
私の酔いやい体質を変えてくれました。乗車中に何か読む、なんてことはただ乗っているだけでフラフラになる私には考えられない事でした。事実、何か近くを一点見つめる事は乗り物酔いを引き起こす原因です。

ですから重要だったのは、精神的に追い詰められること
だったのでしょう。周りからは全く余裕のない状態で、最も酔いやすい行動をとったことによる、一種のショック療法だったのだろう、といわれます。

いつもなら一発アウトの行動が、まさかの大逆転で根本からなおすことが出来ました。本当にラッキーなヒットです。

なぜか感情が遅れてやってきたりリアクションが薄くなってしまう時の対処法

自分は物心がついた時からなぜか、一部の感情に対して反応が薄くみんなが楽しそうに騒いでいるときにテンションが上がり切らなくて無表情だったりサプライズをしてくれたのに驚けなかったり、周りから見たらなんだか面白くない奴だなぁと思われていたに違いありません。

とりわけ厄介なのが、ただ反応が薄いだけじゃなくて
しばらくしてから「あ、なんか楽しくなってきた」とか
「言われた時は平気だったけどだんだんムカついてきた」みたいに遅れて感情がやってきてしまう事です。

小学生くらいまでは自分でも何が何だか訳が分からずで
友達と遊んでいて、急にイライラしてきて黙り込んで相手を困らせてしまったり(今になって思えば少し前に相手から嫌な事を言われてそれに対して怒ってたんですね)

両親がせっかく私を喜ばせようとやってくれたことに対して無反応で返してしまって、がっかりさせてしまったり。対人面で相手を不快にさせてしまうことがすごく多かったんです。

高校生くらいになれば流石に自覚はしていましたので
イライラしそうになったら少し距離を置くとか大げさなリアクションができるように自分なりに努力をしてはみましたが、やっぱりどこか嘘っぽくなっちゃうしとっさの時に反応ができなくてどうにもうまくいかない。

だからといって『自分は感情が薄いんだ』なんて厨二病のようなことを言って相手に引かれたらどうしよう…と思ってしまって正直に話すこともできませんでした。

なので大学生に上がってからは、なるべく人と関わらないように友人が出来たとしても一定の距離を置いて生活をしていました。

ですが最近になってやっと、SNS等で自分と同じような悩みを持っている人が沢山いると知ってこれだけ似たような人がたくさんいるならその事を正直に人に伝えてもいいんじゃないのかと思えるようになったんです。
痛みや暑さの感じ方が人それぞれであるように感情の働き方も人それぞれでいいのかなと。

それからは、後から遅れて嬉しくなったり怒ったりしてしまう事を正直に話すようにしていきました。
友人や同僚が理解ある優しい人が多かったのもありますが、今では、リアクションが薄くなってしまった時も
「ちゃんと嬉しいよ、だんだん嬉しくなるから待ってて」なんて冗談混じりで言えるようになりました。

なので同じような悩みを持つ方は気にせずに周りの人に打ち明けてみることをオススメします。
きっと今より生きやすくなるはずですよ。

異臭騒ぎの原因は私

私の言いづらかった悩みは、足の臭いが臭いことです。

女子大生だった頃、結婚式場でバイトを始めてからその臭いとの戦いは始まりました。
バイトでは、朝から晩までいつも革靴を履いていることも多かったのですが、お客様をフィッティングルームにご案内するために土足厳禁のところに入るとき靴を脱いだとき、仕事帰りに座敷のお店で飲み会があるとき自分でもむせ返るほどの臭いがしました。
本当に尋常じゃなく、10畳くらいの部屋ならその部屋一杯に動物園の特有の匂い(分かる人には分かるはず)がする程の臭いなのです。

その臭いをどうにかしたいと、色々と調べて試したことをいくつか書きますと


➀デオドラント剤を塗る

某有名体臭防止のスティック状の薬品を足の裏全体に塗ったり、スティックが駄目ならとクリーム状のものを塗りましたが、なんせ足の汗を物凄い勢いでかくのですぐに溶けてしまい効果なし。ヌルヌルして気持ち悪かったです。

②お風呂でよく洗っても足に臭いが染み付いてとれないので、お酢で消毒。

菌が増殖していることに問題があるのだと思い殺菌作用のあるお酢を混ぜたお湯を桶に入れそれに足をしばらくひたす。
これは、その時はマシになってもやはり次の日靴を履いてしばらくするとまた臭いがすぐに…

③本革の靴にかえる

合皮が悪いのだと思い、本革にかえました。これは、少しだけマシになった気がしました。でも、まだ臭いはあります。

④靴を1日ごとに取り替えたり、日光消毒

これは、あまり効果がありませんでした。

⑤100均の紙製の靴の中敷を買って、三、四時間ごとに取り替える。

これは、1番効果があった気がします。何かのテレビで立ち仕事の女性が選ぶ便利グッズ紹介でこちらがあってすぐさま100均に走りました。
ウェーブ状になった段ボールのような素材で出来た中敷が5組程入って100円です。使っていると分かったのが自分の尋常じゃない足汗の量です。
たった2、3時間でも中敷がビチョビチョになるほど足汗をかいていて、これじゃあ靴は雑菌だらけで臭くなるはずだと納得しました。
汚れた中敷は紙製なので使い捨て出来たところもリピートしやすかったです。

⑥五本指靴下を履く

これも、効果は少しだけでした。いつもよりマシな気はするけどやはり臭かった…でも中敷プラスで使うと良い感じでした。

以上、わたしの体質である足の汗が凄いことによる足の臭いの悩みとその対策でした。

紫外線過敏症の子どもの体質

子供が小学校1年生の時に、外遊びをすると顔や腕に湿疹ができる症状が出るようになりました。

皮膚科に行ったところ、対症療法でステロイドを出されるのみでしたが、しっかりと行動を観察していると原因は日光過敏であることがわかりました。

皮膚科医はそれがわからずにただ強いステロイド剤を出すのみでしたが、紫外線に当たっている部分だけが赤く水ぶくれのようになるので、気づいた日から必死で対策グッズをネットで調べて様々な対策をしました。

まず、登下校は徒歩から車にしてもらいました。これで通学時に浴びる紫外線を防ぐことができます。又、外遊びの時や屋外の体育の時は通常の紅白帽ではなくて現在では普通となった襟足や顔周りにひろいつばがついた子供用の日よけ帽子をかぶらせました。これは海外の強い紫外線からも肌を守ることができる程の帽子で、ネットで探して購入しましたがとてもよかったです。基本的に夏でも外に出る時は薄手の長袖を着せて、SPF50の日焼け止めを塗って生活させました。運動会など油断してしまうと真っ赤になることはありましたが、防御を徹底していると本当に肌はきれいになりました。

一度痒くなってしまうと日焼け止めも塗れませんしステロイド療法は断りましたので大変でしたが、紫外線を上手によけるすべを身に着けたことで肌もトラブルが無くなり快適に過ごすことができるようになりました。一年中紫外線をよけることができる便利なアイテムを色々なお店で探すのが日課となり、中学校に上がるころになると症状が出にくくなりましたが、結局は高校に入るくらいまで日光過敏症が出る生活が続きました。現在では同じような症状の人がたまにいるのを見かけますが、当時は名前もわかりませんでしたし、医師からの診断ももらえずかなり不安でした。

学校のプールもラッシュガードや長袖のレギンスなどをはかせて入っていましたが、なるべく普通の生活をさせてくれた学校の柔軟な対応がとてもありがたかったです。ほとんど何も制限をすることなく生活ができたため、子供自身も個性の一つくらいに考えてかんしゃくを起こしたりナーバスになることもなく帽子やウェア、日焼け止めを受け入れてくれたのも助かりました。

自分はケロイドで子供の時に悩みました。

自分の体はキズができたら、必ずといっていいほどケロイドになります。

ケロイドとは、皮膚に一定のキズができるとそこの箇所を修復します。そして、時間をかけて治っていきます。あまりにひどいキズは後も残ってしまいますが、大抵のキズは多くの方は治るのではないでしょうか?しかし、私のケロイドというものは修復すればよい箇所の少し回りから修復を始めます。別にキズが修復されるのでなんともはありませんがキズがきっちりと残ってしまいます。残った後も、キズが少し盛り上がり「ミミズ腫れ」みたいになりあまりきれいに完治しません。あまりというか、きれいに治りません。

今はそのキズを見て「昔はこんなキズも作ったな」とか感慨深いものも出てきますが、小さなころはそうも言っておれませんでした。小学校の低学年児に芝生の植えてある上で転んでしまいました。その時に芝生の根を押さえてある大きな竹の破片で太ももを20センチほど切ってしまいました。たくさん血がでましたが、当時は「縫う」ことに大きく恐怖感を覚えました。そのため縫わずに自然治癒の療法をとりました。後日そのあとは大きく腫れあがり「大きなミミズ」が太ももにいるように見られました。小学生のショートパンツはそれよりも丈が短くてキズが全て出ていました。真っ赤に腫れあがったキズを見て「ミミズが足にいる」とみんなにからかわれていました。

そのなかでも、女の子に言われるのがとても嫌になり体育の授業、プールのある授業などはズル休みもしたときはありました。持ち前のひょうきんな性格もあってそこまでのいじめにはつながりませんでしたが、母親にも「治らないのか?」と何回も訪ねたぐらいでした。年数が経つたびに少しずつ赤みは消えていき、白くなっていきましたが30年ほど経った今でもキズは残っています。今の医療ではすぐに消えるものだとは思いますが当時は治るものだと信じて毎日を過ごしていました。現在でもいろいろとけがをしたので、左肩に3センチほどと右ひじに5センチほどのケロイドが出来てしまっています。さすがにいい年になってケロイドを治してきれいになりたいとは思いませんが、昔はずっと苦しんでいた日々が続いていたことを今でも思い出します。