いきなり顔や体をかきむしる癖がなかなか治らなくて困ったこと

私は幼い頃から顔や体をかきむしる癖があり、なかなか治そうにもいつの間にか手が動いていることが多く周囲から変な目で見られることがありました。

意外と肌をかきむしる音は自分では聞こえていないように感じますが、他人には聞こえているようで注意されてやっと気が付くことも多かったです。肌がかゆくなる原因は生活環境やストレスによるものですが、知っててもなかなか治せないためそのまま他人に嫌がられることも多く悩みました。

このため、皮膚科に行って診察を受けるとかかないようにすることを言われますが、癖になってしまうと改善することが難しいものです。対策として手袋のようなものを付けるようにアドバイスされてしましたが、やはり寝ている間に無意識のうちに外していることもありました。やはり、人間関係が悪化すると不安になりやすくストレスがたまり、また肌をかきむしるという悪循環になり困ったものです。

このように、皮膚が急にかゆくなると落ち着かなくなるもので、周囲にもそわそわしていると思われてしまうものです。いきなり顔や体をかきむしる癖は治そうとしても治りにくいもので、いつの間にか嫌われる要因になるため苦労しました。改善する方法は自分自身で意識して治すように努めるしかなく、周囲に指摘される前に対策を講じないと手遅れになることを実感したものです。
顔や体は様々なことが要因でかゆくなりやすく、皮膚科で診察を受けると生活習慣やストレスが原因だといわれたものです。ほかにもハウスダストなどもあり乾燥しやすい時期に起きるもので、きちんと保湿をしないと起きやすくなることをアドバイスされました。顔や体は表面に汚れがついていると爪が黒くなるため嫌がられる原因になり、風呂に入ることをおろそかにしないようにすることを心がけたものです。

このように、私は幼い頃から顔や体をかきむしる癖がありましたが、治そうとしても無意識のうちにしてしまうことが多いものです。人間は音に敏感になる傾向がありかきむしると不快になりやすく、最初の頃は注意されて戸惑いました。改善をする方法はかゆみ止めを飲むことや癖を直すように言い聞かせ、継続できるように意識をするように考えると我慢ができるきっかけになって良かったです。